2010年08月

Red Sox vs. Mariners

8月25日(水)、週明けから降り続いていた雨も午後になりようやく小降りになりrain風も少しおさまり、なんとかこの日を向かえることができましたcloudいよいよこの日は、Boston Red Soxの試合を生で観れる日なのです!!

午前のクラスの後、私たちは急いでランチを食べFenway Parkに向かいました。そして1:35pm予定通り Boston Red Sox vs. Seattle MarinersがPlay ballとなりましたbaseball

Red Soxは6回裏、フォアボールで出塁すると続く選手がヒットを打ち、この回一気に4点を先制しました。レフとにライトに高々と飛んでいく球はメジャーの力強さを感じ、観客を夢中にさせました。しかし、7回表Marinersが2本のホームランを打ち、4-3となって、いよいよ面白いゲームとなってきました。それにしてもホームランが軽かったこと。。。

しかし、Marinersの反撃もここまで。Red Soxは、8回裏、さらに1点を追加し、ライトのファインプレーもあって最後は、5-3で『Red Sox Win』となりました。私は、メジャーリーグの試合を初めて観ましたが、とても楽しむことができました。また、松坂選手が登板しなかったのは残念でしたが、イチローが近くで見れたことはとても貴重な経験でよかったですhappy02

サマーセッション学生

 

Plymouth Trip

8月19日、Plymouthへフィールドトリップへ行ってきました。Plymouthは、1620年にThe Pilgrimsと呼ばれる人々が渡った歴史のある場所です。Pilgrimとは、宗教の自由を求めてアメリカに渡ったピューリタンのこと。彼らはメイフラワー号に乗り、イギリスからアメリカまでの4400kmを66日かけて横断しました。また、彼らはイギリスからニューイングランド地方への最初の永久移民となりました。

今回、ボストンサマーセッションに参加している学生全員でこのPlymouth Plantationへ行きました。この写真は、心理学プログラムとボランティアプログラムの友達と一緒にLunchを食べている時の写真です。たっぷりの自然に囲まれ、その上きれいな海も見えた場所でLunchを食べました。自分たちで作ったサンドウィッチも、ボストンの大自然の空気もとってもおいしかったです。

写真は観光に来ていたアメリカ人の女性が撮ってくれました。現地の人々との交流や、同じプログラムの友達との交流は、これからの1カ月間のいいスタートになったと思います。

心理学プログラム 

廣瀬文乃 皆米望

Summer Session 2010

先週サマーセッション・プログラムの学生がボストンに到着しました。このプログラムは、一ヶ月の短期プログラムで、昭和女子大学、立命館大学、大学コンソーシアム京都の学生、107名が参加しています。

毎年夏に行なわれるサマーセッション・プログラムの特徴は、幅広い専門分野から自分にあったプログラムを選択できることです。プログラム一覧は下記の通り。午前中は実践的な英語の習得を行い、午後は専門分野に分かれた施設見学や体験学習を行ないます。

sunアメリカ文化プログラム sunボランティアプログラム sunアメリカ食文化プログラム

sunミュージアムプログラム sun教育プログラム sun心理学プログラム sunビジネス英語プログラム

サマーセッションの様子は、こちらの一般向けブログにてお伝えしてまいります。お楽しみにsmile

Departure

7月26日、約4カ月間一緒に生活したDIS,Spring15の子たちが日本に帰りました。朝5時過ぎに出発ということでほぼ徹夜!私は同じSectionのみんなと12:30から集まって語り合いました。だいたいくだらない話だったけどめっちゃ盛り上がりました(^^)☆そのときに英コミから寄せ書きをプレゼントしました!正直、最初は国際学科の子はよくキャラつかめなくて毛嫌いしてた部分あったんだけどきっと国際学科も英コミに対して同じ気持ちを抱いてたはず。。笑でも少しずつ仲良くなって、授業ももっと楽しくなってきて!先生にもSection3が一番授業中手をあげる人数が多いって褒められるようになったりしてすごい嬉しかったです!

誰か寝坊してすごい髪形で授業きたり、かなが可愛くてうちがファンになったり(笑)、はるかが先生のモノマネしたり、としこが小鳥のまねしたり、れなが細すぎてみんなうらやましがったり、ゆきがちっちゃいだのからかわれてたり、あつこはーいつものほほんとしてた気がする(笑)

4か月っていう短い間だったけど、この留学がこれからのみんなになにか役にたてばいいなと思います。帰るとき全然実感わかなくて、泣かないと思ってたけどまさかのはるかさん号泣!つられたよねー(笑)でも3月3日に日本で集まる約束したし、それまでうちもこっちで頑張らなきゃ!!

国際が帰ったということはUniversityの子たちがもうすぐ来るってこと。ということはうちらの留学もあと半年きるってこと。。早すぎる!!!!ここをいい分岐点にして、また改めて頑張りたいと思います!!!!!!!!

 その日は国際のあとにCIEEの子たちが出発しました!カナダで一か月間のホームステイをしながらボランティアをするプログラムです。またとできない経験だから、CIEEの子たちも一人で心細いかもしれないけど頑張ってねー(^^)☆

ページの先頭へ